トップページ
みやけ由美の約束
活動日誌
議会報告
トピック
プロフィール
後援会・事務所案内
リンク
みやけ由美の略歴・活動
1948年千葉県千葉市生まれ。県立千葉高校卒、上智大学文学部新聞学科中退。結婚を機に札幌ヘ。 北海道開発局に非常勤職員として勤務する一方、友人達や弁護士とともにDV被害者受け入れのNPO「駆け込みシェルター」を道内で初めて開設。 北海道ウイメンズユニオン委員長、札幌地区連合女性委員会委員長などを務め、2003年札幌市議会議員に初当選し、以来、3期12年。 現在、市議会総務委員会所属、民主党北海道常任幹事・女性局長、民主議員ネット北海道共同代表などを務める。南区に居住して39年。娘二人は独立し現在は夫と二人暮らし。
みやけ由美の主な活動実績
●女性・子育て・福祉
  母手家庭のお母さんが資格をとるための支援事業を拡充しました。
  性暴力被害者の救済・支援をするためのワンストップセンターを設立しました
  DV被害者自立支援を拡充しました。
●教育
  学童保育を6年生まで拡大しました。
  真駒内緑小跡地に子どもが自由に遊べる広場(プレイパーク)を設置しました。
  真駒内小跡地に高等支援学校ができます。
●快適な街づくり
  市有建築物の外断熱化で省エネを推進しました。
  次世代住宅基準の創設と助成金制度を実現しました。
●経済活性化と雇用
  定山渓ラグビー場(民間施設)の設置を支援しました。
  各区役所に職業相談、生活相談コーナーを設置しました。
●環境・平和・核廃絶
  2008年に市民まちづくり局に平和事業担当係を設立しました。
  生活クラブ生協会員歴32年。食の安全、石けん運動に取り組んでいます。
●地方分権・住民参加
  南区でまちづくりセンターの自主運営が進んでいます。
  さまざまな生活相談や市政相談に応じ解決を図ってきました。
プロフィール
●  生年月日 1948年9月27日
●  血液型 O型
●  長所 前向きなところ
●  短所 前ばかり見ているところ
●  特技 カレーづくり
●  好きな映画 アジア映画、中でも「友達のうちはどこ」(キアロスタミ監督)
●  好きな本 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
●  私の宝もの 家族
●  尊敬する人 誠意があって一生懸命な人
●  大切にしたいこと 平和、人権、環境
●  モットー 公正・公平
●  自分を動物にたとえると ラッコ(のんきそうにみえるし、美味しそうに食べるから)
●  南区でお気に入りの場所 石山陸橋から見た風景(のびやかに広がる街と山の稜線が美しいから)
Copyright 2004 Miyake-Yumi. All Rights Reserved.